わたしが知らない脱毛は、きっとあなたが読んでいる
*
ホーム > オシャレ > 似合うを考える

似合うを考える

私は以前ファッションジプシーでした。流行っているもの、好きなもの、憧れの女優さんが着てたもの。自分に似合っているかは二の次で、そういう理由で洋服をランダムに選んでいました。

 

もちろんセンスがよかったら自分でうまくアレンジして自分のファッションにできたのでしょうが、私はあいにくそのセンスがまったくなく、流行りの服を着ていてもどこか野暮ったい感じでした。でも20代後半になった時、その野暮ったい理由がやっとわかりました。似合ってなかったのです。

 

ポリシーもなく色んなジャンルの洋服を選んでいたので統一感もないうえ、自分の体型に合ってないのが殆どでした。思えば服を買うとき試着もせず、鏡も見ずに選んでいました。

 

今ではちゃんと試着し、鏡を見て客観的にどう見えるかも考えて購入しています。そして自分に合う系統のファッションもわかり、今ではそれを軸としてファッションを楽しんでいます。自分が着たい服も大事です。でも、似合う服を知ることにより、よりセンスが磨かれ、ファッションを楽しむことができると思います。

 

ファッションを楽しむならダイエットは必須ですよね?